トップページプラモデルの完成品もくじ

1/48 ダンバイン  制作者/ファントム 2007/4/5

■画像をクリックすると拡大画像が表示されます■

1/48ダンバインです。

1/48ビルバインが完成したのはかなり前ですが、本当は一緒に並べて写真とりたかったですね・・・・・

MGダンバインもずいぶん前に発売されましたが個人的には極端に誇張されたラインが嫌いで、旧キットの修正をして設定画に近いダンバインをつくりたいと以前から考えていました。

旧キット自体はかなり横幅がひろいのでずいぶん詰めて細身にはしてありますが全体のラインのシンプルな流れは設定にとてもちかくて胴体のバランスさえ変えてやればベストなプロポーションになるとずっとおもっておりました。

かなりド直球なダンバインになったとおもいます。

コクピットの透明感も半生かしといったところでしょうかね。

さて、改造の話とはちょっとそれるかもしれませんが、当時リアルタイムでロボットプラモのブームを楽しんでいた世代にはかなりピンとくる造形を常に心がけているのですが、今回は自分でもピンとくる出来になったとおもいます。

でも実際どれだけの人がこの作例をみて何かを感じてくれるのかとおもうとちょっと疑問に思うところはありますね。

現在、作り手の意図を読み取れる人間ってどんどん減ってきてるとおもうんです。感覚が麻痺してるというか、何かを見るうえで理解力が低下してきているっていうか、あたえられるものに対してすべて言いなり状態というか・・・・・

まあ、こんなそれた話していてもしょうがないか・・・

改造の話にもどるとしましょうか。

■画像をクリックすると拡大画像が表示されます■

細かいところをいろいろチョコチョコといじってはいますが、今回の大きな修正点やっぱり胴体でしょうね。対比画像はないのでわからないでしょうが胴体はかなり幅つめをしています。

コクピットのハッチが透明なのですが、これも真ん中をカットしてやったり、両はじを詰めたりしてやれば透明部品を生かしたまま利用することができるでしょう。

ただしハッチを支えているパーツが透明でスケスケなので塗装でわざと半透明になる感じに塗ってやりました。

手首は指をランナーから作り直しています。

塗装はドライブラシとエアブラシの併用です。

塗装は我ながら結構感じでてるとおもいますよ。もう少し強弱をつけても良かったかなとはおもいますけど。

ロボットとしてはかなり目新しいデザインだったと思うのですが、当時みたときはなんの違和感もなくスーッっとはいっていけましたね。むしろ一緒の時期にやっていたボトムズの方がはるかに変に見えてました。

オーラバトラ−ってちょっと地味かもね・・・。

ガンダム Zガンダム ザブングル ダグラム ボトムズ ダンバイン マクロス マクロスプラス マクロス7 オーガス バイファム レイズナー 

ガリアン モスピーダ メガゾーン23 ドラグナー ドルバック アオシマ合体マシン MSV SF3D 長谷川マクロス WAVEボトムズ 再販ガレージキット 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO