トップページへマクロスのプラモデル完成品もくじ

1/72今井バルキリーVF−1J製作者/ファントム 2005/10/13UP

↓↓↓↓画像をクリックしてみよう!大きな画像をみることができるぞ!!↓↓↓↓

またひつこくバルキリーです。しかも今井が最初に発売したやつ!!「おまえはいったい何体のバルキリーをつくれば気が済むんだ!?」という声が読者から聞こえてきそうじゃの〜。こいつは何年か前に作ったが、まだまだ心残りが有ったキットだからしかたないと思ってゆるしてくれ。前と違って今回は全体的にだいぶ力を入れて修正してみた。

仕上がりもパッケージっぽくしてみたつもりじゃ。ただあそこまでド派手に汚しをくわえると立体物としては目立ちすぎるからほどよい汚しにしてあるがのう。

では、修正点の説明でもいこうかの〜。今回の製作にあたってのコンセプトは「今井キットの持ち味を殺さずに全体に修正を加える。」じゃ。

ちゅうわけで全身幅ツメやらなにやらけっこういろいろ手をくわえちょる。まず幅ツメ箇所は左の画像の赤い部分じゃ。

どれくらい幅ツメしたかはいちいち計っとらんから具体的にはいえんが、とにかくあの今井バトロイドのボリュームがありすぎの感をいくらかスマートにしてあるぐらじゃな。やりすぎると元のキットのイメージがくずれてしまうからのう。肩の部分は角度ついてる部分を幅ツメしたんじゃ。ここはめんどくさかったのう。

青い矢印は修正箇所じゃ。

見た目に大きく印象を変えたのが機首の部分を今井可変タイプのものに変えたところじゃろう。使ったのはバトロイド時のパーツではなくファイター時差替用の機首の部分じゃ。こいつは形に関してはほとんどそのまま使っちょる。キャノピーカバーに関してはスライドして下りてきた感じをだすためにプラ板をヒートプレスしたパーツを製作して被せた。なかなかいいかんじじゃろうが?

@モールドは完全自作、顔に関しては顎にエポキシパテをもってボリュームアップしておる。耳の部分の窪みもパテ埋めして全部消した。

機首パーツの連結はポールジョイントを使って自由に動くようになっちょる。ハセガワのキットよりぜんぜん自由に動くっちゅー訳じゃい。わきの下の部分はくりぬいて自作したパーツでふさいじょる。

ガンポットは先がほそかったのでやむなくハセガワファイターのものをぶった切ってくっつけた。ベルトの部分は着なくなった偽皮ジャンバーを切り取ってつくった。

他に細かくいじっちょるが説明がめんどくさいので各自探してくれ。

↓↓↓↓画像をクリックしてみよう!大きな画像をみることができるぞ!!↓↓↓↓

スジボリに関しては全身に加えちょる。これはモデル全体のイメージがしまるからなるべくやったほうがええのう。なれてくればそれほど難しくもないから是非読者の皆さんもやってみることじゃ。

塗装に関しては何重かに汚しを加えていくいつもの方法じゃ。さきほども書いたがパッケージを参考にして塗装した。

↓↓↓↓画像をクリックしてみよう!大きな画像をみることができるぞ!!↓↓↓↓

まあ、こんなとこじゃ。今の所はもうこのキットには悔いはなくなった。また新たなイメージが沸いてくれば作るかもしれんが今のところは当分はつくりたく無いのう。

ガンダム Zガンダム ザブングル ダグラム ボトムズ ダンバイン マクロス マクロスプラス マクロス7 オーガス バイファム レイズナー 

ガリアン モスピーダ メガゾーン23 ドラグナー ドルバック アオシマ合体マシン MSV SF3D 長谷川マクロス WAVEボトムズ 再販ガレージキット 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO