トップページガンダムのプラモデル完成品もくじ

バンダイの旧キット

1/100リックディアス製作者/ファントム

★画像をクリックすると大きなサイズで見ることができます★

バンダイの旧キット1/100リックディアスです。

ハイザックのときもいいましたが、当時、Zガンダムが放映されていた頃、私はロボットアニメに、ほとんどついていけなくなってしまっていてプラモデル自体このシリーズはつくっていません。

Zガンダムにほとんど興味がなかったのですが、当時模型つくりを止めてしまった後のガンプラの進化の足どりを確かめるためにも今回つくってみようとおもい、自分なりにイメージする体系に仕上げてみました。

キットを組んでみた感想なんですがハイザックと比べると2段階くらい質が落ちているようにかんじました。ハイザックに関してはプロポーションをお好みに直すという作業をしましたがこちらはもっと基本的な部分から修正しなくてはいかんなと感じました。

とにかく腰パーツが一体化になっているのが非常に安っぽく感じさせてしまっている原因だったのでまずそれをなおしてやることとプロポーションを重量感あるものに変えてやる事。それが今回のテーマでした。修正をしたのがもうだいぶ前のことなので全てを覚えているか今ひとつ自信がないのですがとりあえず記憶をたどりながら説明していきたいとおもいます。

まず全体のバランスとして股関節を下げてやることで足を長くしてやりました。この際、股関節ごと切って下にずらしたため股下の部分も若干ながくなっています。

上半身はだいぶ肩と腕の間接が隙間があったのでそれを詰めるような処理をすることで肩幅を狭くしてあります。また胸のパーツも真ん中でつめて小さくしてやりました。これによってさらに下半身がたくましく見えて巨大感がましているはずです。上半身のバランスに合わせて背中の脇のパーツも内側に若干入り込んだ位置に修正してあります。

よくこのキットはひざのラインの違いを指摘されることが多いようですが私は逆に直線的なほうがすっきりして美しくかんじたので修正していません。

腰周りのパーツは後ろのもの以外は全て可動式に修正してやりました。前の部分は一体化だったので切り離して可動を仕込み、横のパーツも同じ様に可動するように修正してあります。

首も若干ですが可動式に修正してあります。

モノアイはクリヤーのHアイズにスリットを彫刻して裏にアルミをはりクリヤーグリーンで塗装してあります。

修正点はだいたいそんなところでしょうか。

塗装にかんしては赤の色が綺麗だったので、びかびかのつやあり赤にしようと思ったのですが、どうも個人的に塗装では遊びたいという意識があってスタイル的にも重量感を感じさせるような仕上げにしてみたかったのでつや消しの仕上げでハゲチョロ?塗装を加えてあります。

赤のトーンを暗いところと明るいところの微妙な差を表現するために下地に明るくしたい部分にエアブラシで白をグラデっぽくふいてから赤をぬりました。言われなければ気づかないくらいの自然さで赤にトーンがついています。

今回はハゲチョロ部分のグレーに関しては実はふでで加えていません。

このくっきりしたタッチを筆以外でどのように表現したか想像つきますでしょうか?

じつは色ハゲ部分のグレーに強弱を付けたかったためにエアブラシで吹きました。で、この方法はかなり否定される人もいると思いますがハゲた部分の境界線を赤で筆塗りして殺しています。他の部分のハゲ塗装もこの方法で表現しました。刷毛目はそれほど目立つというほどでもなかったのですが最後にクリヤーのつや消しを吹いて目立たなくしてあります。

とにかく新しい方法を実験的に試したくてやってみたのですが微妙な新しい効果が出せたと自分ではおもっています。

修正箇所は多いですが幅詰めやパテ埋めが得意な人であればそれほどたいへんではないとおもいます。

気にくわないところさえ修正してやればデザインもZの中ではなかなかで、重量感もあって比較的かっこよく生まれ変われる潜在力を秘めたキットではないでしょうか。

今回の製作記事はこれで終わりです。

★画像をクリックすると大きなサイズで見ることができます★

ガンダム Zガンダム ザブングル ダグラム ボトムズ ダンバイン マクロス マクロスプラス マクロス7 オーガス バイファム レイズナー 

ガリアン モスピーダ メガゾーン23 ドラグナー ドルバック アオシマ合体マシン MSV SF3D 長谷川マクロス WAVEボトムズ 再販ガレージキット 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO