トップページガンダムのプラモデル完成品もくじ

バンダイの旧キット

1/100 プロトタイプドム 製作者/ファントム(2007・9・22) 

★画像をクリックするとさらに大きなサイズで見ることができます★

トロピカルドムを作ったのは一体何年前だ〜・・・。

あれと背中のザックと機体色がちがうだけのMSVのプロトタイプドム、つくってみました。

トロピカルドムよりもだんぜんこっちの色の方がかっこいいねー!!

僕は個人的にMSVシリーズは大好きなんだ!デザインはすっきりしているけれど部分的にメカメカしいところとかね。

一番すきなのはザクキャノンかな。つぎがこのプロトタイプドムで次が偵察型ザクかな。

とにかくドムはこの重量感がたまんないね!!

おっと、話がちょっとそれてしまったけど作例の説明いってみようか!!

修正点だけど、前のトロピカルドムをつくったときも同じ事をおもって手を加えたのだけれども、MSVのドムは上半身が凄く大きい感じがどうしてもしてしまうんだ。上半身が大きいということは巨大間が薄れてしまうという事だと僕は解釈している。

だからこの問題に関しては最初に頭の部分を切断して、胸の部分を縦に幅つめしてやった。これでこいつのスタイルはほぼバッチグーっていっていいとおもうよ。

あとはちょっと高いけど手首を市販のキャスト製のものに変えてやった。それと首まわりの動力パイプはハンダを使って自作したものと交換してやった。見た目の修正はその3点だね。

あとはカッコ良く見せるためのポイントだが、僕のホームページをいつも見てくれている君たちならもちろんわかるよね??そう!ポーズが自然に決まっているかどうかって事なんだ。

この旧キットシリーズは80年代のキットだからしかたないんだけど、どうしても関節の可動に自由度がないんだよ。とくに股関節が自由に動いて、自然体なポーズがとれるかどうかってことはものすごく重要な事なんだ。だから所々、関節にはボールジョイントを仕込んでやっている。

今回は腰、股関節の両側、足首にボールジョイントを仕込んだ。足首はかたっぽは一軸だけど二重関節になっているんだ。それでもデザイン的に可動の範囲はどうしてもそれほど大きなものにできないのがちょっと悔しいけどね。

それといつもの僕だったら筋彫りを入れたりして、もうちょっと今風に工作しているところなんだけど、今回はモールドは全くたしていない。最近はどうもそういうことが嫌いになってきているみたいなんだよ。形に関してはあまりそういうことをしたくない気分になってきているんだ。そのかわりテクスチャーでいろいろな表現方法にチャレンジしたいとおもっているんだよ。最近はね。

塗装は重量感あふれる感じで塗ってみたけれどどうかな??カッコよくぬれてるかな?あと言い忘れたけどモノアイはHアイズをつかっているよ。

どうだったかな?プロトタイプドム、かっこよかったろう!君もつくってみないか?

★画像をクリックすると大きなサイズで見ることができます★

ガンダム Zガンダム ザブングル ダグラム ボトムズ ダンバイン マクロス マクロスプラス マクロス7 オーガス バイファム レイズナー 

ガリアン モスピーダ メガゾーン23 ドラグナー ドルバック アオシマ合体マシン MSV SF3D 長谷川マクロス WAVEボトムズ 再販ガレージキット 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO